月別アーカイブ: 2007年8月

西洋比較演劇研究会 9 月例会のお知らせ(大阪例会)

西洋比較演劇研究会 2007年9月例会  (「近・現代演劇研究会」協賛)
酷暑の夏が続いております。お元気でお過ごしでしょうか。次回の例会は、久しぶりに
東京の外に出ます。奮ってご参加いただきたく存じます。
日時 9月22日(土) 14時〜18時
会場 大阪市立大学文学部棟1階128教室 下記のURLをご参照ください。
http://www.lit.osaka-cu.ac.jp/lit/information/access.html
1 研究発表  坂井隆 「「キャンプ」の活用術――Tennessee Williamsの場合」
要旨
本発表の狙いは、「キャンプ」とTennessee Williams作品との関係を考察することにあ
る。ただし、従来の批評研究のように、彼の作品に潜む異性装的要素の度合いをはかる
―例えばBlanche DuBoisを同性愛者(または、女装したゲイ男性)として解釈する―こ
とはしない。その代わりにWilliamsが認めていた、キャンプの芸術的可能性・潜在性を
伝記的事実からまず明らかにし、次にそれをいかに応用して作品化しているのかを戯曲
(テキスト)分析を通して明らかにする。今回の分析の対象となるテキストはThe Milk
Train Doesn’tStop Here Anymore(1964)である。
発表者プロフィール 
熊本県立大学文学部英語英米文学科専任講師。アメリカ演劇専攻。現在はTennessee Wi
lliamsの後期作品をフェミニズムやクイア理論を援用して分析している。<論文>「<
流用>する/される<キャンプ>−1930年代のメイ・ウェストと1970年代のメイ・ウェ
スト」(『演劇学論集』第43号)「言葉とセクシュアリティ―Clothes for a Summer H
otelにおけるエロティック・ミューズとしてのZelda」(『九州英文学研究』第24号(
日本英文学会九州支部) など。
2 研究発表 青野智子 「リージョナルシアターとアメリカ地域社会:アリーナ・ス
テージの立地を中心に」
要旨
現在、アメリカ合衆国の主要都市においては、地域を拠点として演劇活動を行っている
リージョナルシアターが存在しており、ニューヨークを中心としたブロードウェイ興行
とともに、アメリカ演劇文化の一翼を担う主要な存在となっている。このようなリージ
ョナルシアターは、いかにして持続的な演劇活動が地域において可能であるのか、アメ
リカ社会における一つのモデルを提供してくれる存在であるということができる。
 しかし、従来のリージョナルシアター研究においては、非営利法人という組織形態に
照準を合わせた経営論など、いわば演劇の作り手の論理に沿ったものが多く、演劇の受
け手・支え手である観客を含む地域社会を視野に入れた研究は、これまでにほとんどな
されてこなかった。
 多くのリージョナルシアターが創設された1960年代前半〜1970年代半ばは、アメリカ
の主要都市において、インナー・シティのスラム化と白人層の郊外への転出が進行した
時代とも重なっている。この事実は、我が国の劇場施設や公共ホールが中心市街地での
立地を志向するのとは異なる立地上の特徴を、リージョナルシアターに付与することに
なったと考えられる。本報告においては、ワシントンDCを拠点として半世紀以上にわ
たり活動を続けてきたアリーナ・ステージの事例を中心に取り上げ、リージョナルシア
ターの地域社会との関係を、都市再開発事業との関わりも視野に入れ、劇場施設の立地
の側面から考察する。
プロフィール
アメリカ演劇、文化政策学・劇場経営論。論文に「戦後アメリカ演劇の興行システムの
発展」「アメリカ合衆国におけるリージョナルシアターの存立基盤」等。諏訪東京理科
大学専任講師。ホームページ:
http://www.rs.suwa.tus.ac.jp/aono/research2.html
西洋比較演劇研究会
157-8511東京都世田谷区成城6-1-20
成城大学文芸学部 一之瀬研究室 Fax:03-3482-7740
郵便振替口座番号:00150−2−96887

狂言とコンメディア・デッラルテ 国際学会

会員の鈴木国男さんより、9月28日より30日まで開催される「狂言とコンメディア・デ
ッラルテ国際学会」とそれに関連した催しに関しての回覧の依頼がありましたのでお知
らせします。
「狂言の夕べ」「オペラ・ブッファの夕べ」のチケットは、それぞれ1500円でお求め頂けます。下記のメールアドレスまで、お名前、御住所、「狂言」「オペラ」の別、枚数を明記してお申し込みください。チケットを郵送いたします。代金は当日、鈴木国男さんに直接お渡しください。
kunio@bungei.kyoritsu-wu.ac.jp
会場◎イタリア文化会館主催◎狂言とコンメディア・デッラルテ
狂言の夕べ
◇9月28日(金)◇..
狂言とコンメディア・デッラルテ
国際フォーラム
◇9月29日(土)◇..
オペラブッファとオペラの夕べ
■9月21日(金)~9月25日(火)■..
井田邦明・演劇ワークショップ
   『身体表現』  自分自身を探す。観察と発見から想像へ
  狂言とコンメディア・デッラルテ
◇9月28日(金)~30日(日)◇..
国際学会
□身体の分析とダイナミズム
□日常生活のドラマを観察・演じる
□中性の仮面:ニュートラルな次元における様々な事象の存在・本質そのものを発見す

□表情のある仮面:性格を演じる
イタリアのルネッサンスのころに興隆し、全ヨーロッパに広がったコンメディア・デッラルテ。日本で、そのコンメディア・デッラルテに相応するのが、狂言ではないでしょうか。現存する狂言は徳川幕府による250年の保護を経て、元来の表現の自由を失ってしまってはいますが、今日まで脈脈と続いております。自由な環境が保障されていたならば、コンメディア・デッラルテにもっと近いものになっていたでしょうが、コンメディア・デッラルテのように隆盛と衰退を繰り返したかもしれません。
国際学会の前夜に、関東と関西の名門である善竹忠重家と善竹十郎家が、日本の伝統喜
劇の代表である狂言を披露いたします。
日伊の伝統的喜劇である狂言とコンメディア・デッラルテには、多くの点で共通性が見られます。このテーマについて、日伊両国の演劇研究者、比較演劇の専門家、舞台創造の実践家が、さまざまな角度から分析・報告を行います。 
オペラとオペラブッファ(喜歌劇)は、ともにイタリアを発祥の地としていて、中でもオペラブッファ(喜歌劇)はコンメディア・デッラルテから発祥したと言われています。今回は、甚目裕夫のピアノ・構成に、日本で一流の活躍をされている小山陽二郎・蒲原史子・柴山昌宣らの出演を得て楽しく美しい、オペラとオペラブッファの夕べを開きます。国際学会を楽しいものにしてくれることでしょう。
出演 甚目裕夫(ピアノ) 蒲原史子(ソプラノ) 小山陽二郎(テノール) 柴山昌
宣(バリトン)
19時開演|30分前開場| 入場券3,000円|370席| イタリア文化会館[東京]
参加費20,000円|5日間| 14:00~17:00 イタリア文化会館[東京]
井田邦明:プロフィール
伊・ミラノを拠点に、30数年に渡り欧州で活躍する演出家・演劇教育家。仏ジャック・ルコック演劇学校を卒業後、ミラノで活動開始。
現在、ミラノ市立パオロ・グラッシー芸術学校教授及びアルセナーレ演劇学校主宰。日本では一連のダリオ・フォ作品演出をはじめ、二期会や藤原歌劇団のオペラ演出、また歌手ミルバのコンサートや舞台演出も手がけている。桐朋学園短期大学芸術科演劇専攻客員教授。
上演「棒縛り」
   善竹十郎 善竹富太郎 善竹大二郎
  「水掛婿」
   善竹忠重 善竹忠亮 善竹大二郎
 ◆ロッシーニ『セビリヤの理髪師』より
   ♪ネモリーノのセレナータ ♪ロジーナのアリア(今の歌声は)
 ◆ドニゼッティ『愛の妙薬』より
   ♪ネモリーノのアリア(人知れぬ涙) ♪アディーナとネモリーノの二重唱 
 ◆プッチーニ『ラ、ボエーム』より
   ♪ロドルフォとマルチェッロの二重唱 ほか
19時開演|30分前開場| 入場券3,000円|370席| イタリア文化会館[東京]
    国際フォーラム委員会、
    イタリア文化会館
協力◎日伊協会、ローマ日本文化会館
お問い合せ:イタリア文化会館
     Tl0-2463
e.336-02
      (月~金 11時~13時、16時~18時)
東京メトロ東西線/半蔵門線/都営新宿線
「九段下」駅下車 徒歩10分
※駐車場はありませんので、
 車でのご来館はご遠慮ください。
〒102-0074 東京都千代田区九段南2-1-30
Tel 03-3264-6011(代表)
http://www.iictokyo.esteri.it/

西洋比較演劇研究会回覧:公演案内

会員の佐野語郎さんより、ご自身の携わっておられる公演についての情報の回覧依頼が
ありましたのでお知らせします。
(以下貼り付け)
このたび、演出家・佐野語郎を中心に、新たな演劇芸術の創生を目指し活動してい
く、「演劇ユニット 東京ドラマポケット」を設立いたしました。
東京ドラマポケットは、戯曲の舞台化や新解釈による演出ではなく、
俳優の演技を中心とした美術・音楽などの表現要素が重層的に融合する世界の創造を
目指しています。
【詳しくは、公式Webサイト(http://tokyo-drama-pocket.com)をご覧くださ
い。】
2007年は、8月25・26日に横浜・創造界隈ZAIMにて、アトリエ公演を行います。
この公演は、2008年8月に、シアターサンモール(新宿)で上演予定の
「東京ドラマポケット公演 vol.1 オフィーリアのかけら」を視野に入れ、
表現要素の連関性に重点を置いた創造的実験公演です。
「ZAIM」という空間に、シェイクスピアの戯曲を素材とした、
生の音楽と俳優の演技が紡ぎ出す新たな劇世界を創り出します。
—————————————————-
東京ドラマポケット アトリエ公演
「オフィーリアのかけら 〜予告篇〜」
 演出:佐野語郎
 音楽:石川亮太
 後援:tvk(テレビ神奈川)
*日時
 2007年
 8月25日(土) 14:00/19:00
 8月26日(日) 14:00
*チケット料金(全席自由)
 前売 ¥1,500
 当日 ¥1,700
 高校生以下 ¥1,000(前売・当日共通料金)
*公開リハーサル
 2007年 8月24日(金) 19:00 …¥800(一律)
*会場
 横浜・創造界隈ZAIM 別館2階ホール
 JR・横浜市営地下鉄「関内駅」より徒歩5分
 みなとみらい線「日本大通り駅」より徒歩2分
○各終演後にポスト・パフォーマンス・トークを行います。
  観客の皆様と出演者および演出スタッフとの創造的交流の場に、ぜひ、ご参加く
ださい。
■チケットのお申し込み方法等は、公式WEBサイト(http://tokyo-drama-pocket.com)
をご覧ください。
■お問い合わせはE-mailにて、(info@tokyo-drama-pocket.com)までお願いしま
す。

西洋比較演劇研究会回覧:紀要原稿募集について

西洋比較演劇研究会紀要につきまして、編集長の毛利三彌先生より以下の訂正の回覧
依頼がありましたので、お知らせします。
各位
先日、本年度の『西洋比較演劇研究』(紀要)の原稿募集のお知らせをしました。そ
こで、原稿締切日を10月初めとしましたが、以前にお知らせした紀要原稿募集要項
では、10月末となっていたことを失念していました。
すでに予定されていた方もおられると思いますので、改めて、10月末の締め切りと
いたします。
ただ、先だってもお願いしましたように、投稿の意思があって、その旨をお伝えくだ
さっていない方は、なるべく早くに、ご意思をお知らせください。お知らせくださっ
ても、最終的に投稿を見合わせることになる場合もあることは、承知しています。
毛利三彌