月別アーカイブ: 2009年11月

西洋比較演劇研究会回覧

会員の佐野語郎さんより、先日回覧した、今回の文学座公演に関しての情報につきまし
て、追加情報の回覧依頼がありましたのでお知らせします。
——————————————————————————
———–
西洋比較演劇研究会会員の皆様へ
慶應義塾大学講師の佐野です。
11月28日の回覧(「文学座11・12月アトリエの会公演『崩れたバランス』」・「アフタ
ートーク」特別設定のお知らせ)についての補足です。
当日(12月4日19:00の回)のチケットを予約された方は、もちろんのこと、別の日に
観劇される方も、<12月4日・アフタートーク>に参加されることができます。
その場合は、受付で、伊藤正道さん(文学座企画事業部)にお声をお掛けください。
(伊藤さんには、この件について了承を頂いております)
以上、よろしくお願いいたします。
——————————————————————————
———–

西洋比較演劇研究会回覧

会員の佐野語郎さんより、今回の文学座公演に関しまして、以下の情報の回覧依頼があ
りましたのでお知らせします。
—————————————————————————–
西洋比較演劇研究会会員の皆様へ
「文学座11・12月アトリエの会公演『崩れたバランス』」・「アフタートーク」特別設
定のお知らせ
です。
日時:12月4日(金)19:00の回の終演後。
場所:文学座アトリエ(劇場)
(演出家・中野志朗+・出演女優・渋谷はるか+慶應義塾大学講師・佐野語郎)
これは、今春の『犀』に続く企画で、劇団と慶應義塾大学「映画演劇論」との共同企画
になります。
出演の渋谷はるかは、神奈川総合高校出身で私の教え子ということもあり、
今回の企画となりました。現時点でのアフタートーク参加者は、慶應の学生のみです。
もし、西洋比較演劇研究会の皆様に参加していただければ、アフタートークの中身も充
実するので、
ご検討をお願いします。
つきましては、<12月4日(金)特別 「アフタートーク」>に参加ご希望の場合は、
私宛にメール(所属と氏名)を送信していただくようお願いします。
なお、チケット予約については、10月30日の「西洋比較演劇研究会回覧:公演案内」
によって、
お願いいたします。
慶應義塾大学講師・佐野語郎
Goroh Sano
電子メール アドレス :
sano560@ybb.ne.jp

西洋比較演劇研究会 12 月例会関連

西洋比較演劇研究会会員の皆様。
12月の例会は12日(土)に行われますが、それに関連しまして、例会担当より以下の文
面の回覧依頼がありましたので、お知らせします。
(以下貼り付け)
12月12日の研究例会についてのお願いです。正式な例会案内は近日中にお届けしますが
、文学座の『崩れたバランス』と燐光群の『ハシムラ東郷』を合評したいと思っていま
す。万障繰り合わせてご観劇の上で、12日にお臨みくださいますようお願いします。
なお、12月例会の対象ではありませんが、会長の毛利先生演出の『ボルクマン』につき
ましても、来年は、早々ににも他のボルクマン公演があったり、他のイプセン公演も控
えているようですので、将来比較批評を試みることも考えています。そのためにも、ぜ
ひ今回の俳優座劇場での公演をご覧になっておくことを会員の皆様に慫慂いたします。
よろしくお願いします。

西洋比較演劇研究会回覧

会員の皆様。
昨年当会で主催した演劇討論セミナーに講師としてご参加いただいた世田谷パブリック
シアターの奥山緑さんより以下の要請があり、こちらの判断で回覧させていただきまし
た。
おそらく文部科学省のホームページ
http://www.mext.go.jp/a_menu/kaikei/sassin/1286925.htm
をご覧いただき、その中の項目5の午後の部の部分をクリックしていただければ詳細が
わかるかと思います。
※ただし、政治的な姿勢の問題でもありますので、この件はあくまで情報をお知らせし
ただけで、当会が団体として何らかの表明を行うものではなく、そのための参加を呼び
かけるものではないことをお断りしておきます。
(以下、私信からの貼り付けとなりますがご容赦ください)
さて、ひとつお願いがあります。文化支援が大幅カットされる可能性が非常に高く
なっています。明日鳩山さんが入る行政刷新委員会が開かれますので、本日までに、
文科省の意見募集に、文化に国の支援が必要な理由ということで、メールをおおくり
いただけないでしょうか?演劇人がみな若い子たちを中心に、危機感をもって意見を
送っています。
事業番号を書くとか(事業番号3−4 (独)日本芸術文化振興会関係)という風
に)、要件があります。ひとりでも多くの方に、急なので美文は不必要ですが、文化
が民間だけでは支えきれない理由を意見として送っていただきたくこの機会を使わせ
てもらいました。

【重要】会費納入について(再)

西洋比較演劇研究会会員の皆様。
先日ご案内した会費納入の方法につきまして補足です。以下の情報を入力すると通常の
銀行(ネット銀行含む)などでも送金できますとご案内しましたが、現時点では郵便局
以外からお振込みの場合は、振込み者氏名がわからないことが判明しました。
お手数をおかけしますが、通常の銀行からのお振込みの場合、振り込んだ日時をあわせ
てメールでこちらにお知らせいただくようお願いします。
■銀行名 ゆうちょ銀行
■金融機関コード 9900
■店番 019
■預金種目 当座
■店名 〇一九 店(ゼロイチキユウ店)
■口座番号 0096887

【重要】会費納入について

西洋比較演劇研究会会員の皆様。
先ほどお知らせした会費納入ですが、以下の情報を入力すると通常の銀行(ネット銀行
含む)などでも送金できますので、念のためお知らせいたします。
■銀行名 ゆうちょ銀行
■金融機関コード 9900
■店番 019
■預金種目 当座
■店名 〇一九 店(ゼロイチキユウ店)
■口座番号 0096887
西洋比較演劇研究会
157-8511東京都世田谷区成城6-1-20
成城大学文芸学部 一之瀬研究室 Fax:03-3482-7740
郵便振替口座番号:00150−2−96887
*過去ログを以下に掲載しております。ご参照ください。
http://comptheat.sakura.ne.jp/

【重要】西洋比較演劇研究会 09 年度会費納入のお願い

西洋比較演劇研究会会員の皆様。
今年度は名簿整理の関係上、今まで正式に会費納入のお願いをしてきませんでした
が、このたびようやく整理が終わりましたので、大変遅くなりましたが、以下の振込
み先に今年度会費3000円のご入金をいただけますようお願いいたします。
  ゆうちょ口座 00150-2-96887
 加入者名 西洋比較演劇研究会
なお、このお知らせはシステム上、すでに今年度分を入金いただいた方にも、また
逆にここ数年間会費の納入がなく、会員としてのご活動の意志が確認できない方にも
お送りしております。
 後者の場合ですが、できますならば可能な限りさかのぼって、あるいは今年度分だ
けでも会費を納入していただきたく存じます。今回ご入金がない場合は、今後のご連
絡は差し控えさせていだく場合がございます。
 今年を含めた納入状況につきましては、個別のお問い合わせに対応できる状況になっ
ておりますので、お知りになりたい方は、お手数ですが、このアドレスに返信にてお
問い合わせいただきますようお願いいたします。
 それではなにとぞご理解を賜り、ご対応いただけますようよろしくお願いいたしま
す。