月別アーカイブ: 2010年12月

西洋比較演劇研究会例会案内

西洋比較演劇研究会 1月例会のご案内
2011年8月のIFTR予備研究発表会の2回目を行います。12月11日の1回目は
17名の参加者があり、初の英語例会としてはまずまずの「盛会」でした。
国際学会経験の豊富な会員を軸に、会場からも核心を突いた質疑がなされ、
有意義な会となりました。2回目にもご期待ください。
日時 2011年1月8日(土) 午後3時〜6時
  *午後2時開始ではありません。
場所 成城大学  
  *会場は当日に正門の立て看板掲示でご確認ください。
1 SUZUKI, Miho
On the Representation of Revolution: Caryl Churchill’s *Mad Forest* As a “M
etamedia” Drama
2 AOKI, Naoko
The Structure of the Puppet Theater and Japanese aesthetics
3 INOUE, Masaru
Toyo-o Iwata’s anti-interculturalism
4 YAMASHITA, Yoshiteru
Actualizing Zeami: YAMAZAKI MASAKAZU’s *The Spirit of Playing* (1983) and its
Consequences in the Light of Contemporary Performance Theories and Practices.

西洋比較演劇研究会回覧

会員の三輪玲子さんより以下の公演の情報の回覧依頼がありましたのでお知らせします。
来る12/22(水)〜26(日)、恵比寿・エコー劇場にて、文化庁新進芸術家育成公演事業として、ベルトルト・ブレヒト『男は男だ』の公演がございます。ドイツで研鑽を積んだ、演出・中野史朗氏(文学座)をはじめ、海外研修制度で派遣された若手芸術家が中心となって、ブレヒト作品に意欲的に取り組んでおりますので、足をお運びいただければ幸いです。
公演内容
http://www.gekidankyo.or.jp/sys/per.php?com=details
———-
新しい世代がワイルドでアグレッシヴなブレヒトに挑戦!!
文化庁芸術家在外研修の成果「男は男だ」
作/ベルトルト・ブレヒト
翻訳/三輪玲子
演出/中野志朗(文学座)
出演/中山一朗、大家仁志、成田独歩、笠木誠、椎原克知、森尾舞、木津誠之、清水圭吾
制作/日本劇団協議会
主催/文化庁
2010.12/22(水)→26(日)
恵比寿エコー劇場(恵比寿駅より徒歩5分)
22(水) 19:00
23(木) 14:00
24(金) 19:00
25(土) 14:00
26(日) 14:00
一般4,000円 学生3,000円
チケット取扱・お問合せ
社団法人日本劇団協議会 TEL:03-5909-4600(平日10:00〜18:00)
劇団朋友 TEL:03-6661-1101(平日10:00〜19:00/土11:00〜17:00)
———————

西洋比較演劇研究会 12 月例会補足

西洋比較演劇研究会員各位
来る11日の英語による例会発表につき、発表者のご厚意により、質疑応答のため予定
稿を入手できる可能性があります。ただしご参加を予定される方にかぎります。
希望者は山下純照(y3yamash@seijo.ac.jp)までご連絡いただいた場合、メール添付文
書または本文張り付けで9日に配信できるよう努力します。

西洋比較演劇研究会紀要について

紀要編集担当の毛利先生より紀要に関して回覧依頼がありましたのでお知らせします。
各位
「西洋比較演劇研究」(紀要)10号の原稿締切は12月末になっています。論文提
出の準備をされている旨を、すでにお知らせくださった方もおりますが、執筆のお気
持ちをお持ちでしたら、一応、前もってお知らせくださるとありがたく思います。
論文送付はメール添付にてお願いいたします。送付が遅れる場合も、その旨を連絡い
ただけると幸いです。(morimit@seijo.ac.jp)
10号記念ですので、多くの方々が執筆してくださることを期待しております。
編集責任
毛利三彌

西洋比較演劇研究会例会案内

西洋比較演劇研究会12月例会
皆様お元気でしょうか。あっと言う間もなく師走。暦が間違っていると思いたいですが
、現に来年はもうすぐそこです。8月には大阪で国際演劇学会があり、準備が進められ
ています。予備発表会として、本会はじめての英語での研究発表と質疑応答を行います
のでご案内いたします。
日時 12月11日(土)午後4時〜6時
(午後2時開始ではありません)
場所 成城大学 7号館723教室
1 Hoshino, Takashi
The Teigeki Theatre(Tokyo, 1911- 1929) in Context of the Urbanization in the
Early 20th. Century.
2 Hagiwara, Ken
The City as Stage, the Audience as Performer: “Tour-Performances” by the Pe
rformance Group Port B in Tokyo.
(発表原稿のドラフトについては再度お知らせしたいと思っています。)
運営委員のかたは午後2時に本部棟(正門左)3階ラウンジにお集まりください。