西洋比較演劇研究会例会案内

西洋比較演劇研究会 1月例会のご案内
2011年8月のIFTR予備研究発表会の2回目を行います。12月11日の1回目は
17名の参加者があり、初の英語例会としてはまずまずの「盛会」でした。
国際学会経験の豊富な会員を軸に、会場からも核心を突いた質疑がなされ、
有意義な会となりました。2回目にもご期待ください。
日時 2011年1月8日(土) 午後3時〜6時
  *午後2時開始ではありません。
場所 成城大学  
  *会場は当日に正門の立て看板掲示でご確認ください。
1 SUZUKI, Miho
On the Representation of Revolution: Caryl Churchill’s *Mad Forest* As a “M
etamedia” Drama
2 AOKI, Naoko
The Structure of the Puppet Theater and Japanese aesthetics
3 INOUE, Masaru
Toyo-o Iwata’s anti-interculturalism
4 YAMASHITA, Yoshiteru
Actualizing Zeami: YAMAZAKI MASAKAZU’s *The Spirit of Playing* (1983) and its
Consequences in the Light of Contemporary Performance Theories and Practices.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です