西洋比較演劇研究会回覧

会員の小菅隼人さんより、国際演劇学会前日に開かれるイベントについて回覧依頼がありましたので、お知らせします。

土方巽 舞踏 大解剖 VI
HIJIKATA ‘68−’72

1970年をはさんで、1968年と1972年は土方巽の舞踏にとって、きわめて重要な年である。1968年の舞踏公演<土方巽と日本人>はそれまでの舞踏を総括するBUTOHであり、1972年の舞踏公演<四季のための二十七晩>はその後の創造行為を方向づけるBUTOHであった。舞踏大解剖?では、土方巽の舞踏史のメルクマールとなった2公演の記録映像「肉体の叛乱」と「疱瘡譚」を上演する。そして、そのはざまの1970年、大阪万博でのみどり館においてアストロラマとして上演された「誕生」から土方巽の出演シーンを特別上映する。「誕生」は1970年以来一度も公開されず幻の映像となっていたが、このほど70ミリ上映フィルムを発見することができ、ついに北海道ロケにおける土方巽の貴重な映像を公開するに至った。

■ 日時・場所
2011年8月6日(土)大阪大学中之島センター 7F 講義室3
14:30?18:30(14:00開場) 入場無料
京阪中之島線 中之島駅 徒歩5分
〒530-0005 大阪市北区中之島4-3-53  06-6444-2100
http://www.onc.osaka-u.ac.jp/

■ プログラム
=映像上映:舞台の土方巽
「肉体の叛乱」(1968年、撮影:中村宏)、「疱瘡譚」(1972年、監督・撮影:大内田圭弥)
=トーク&上映:万博映画の土方巽
森下隆(慶應義塾大学アート・センター 土方巽アーカイヴ)、小菅隼人(慶應義塾大学 理工学部 外国語総合教育教室)
特別上映:「万博映画の土方巽」(1970年日本万国博覧会 みどり館アストロラマ 上映作品 「誕生」より)

■ お問い合わせ
慶應義塾大学アート・センター Project Rebirth(本間、森下)
03-5427-1621 homma@art-c.keio.ac.jp

主催:慶應義塾大学アート・センター、ポートフォリオBUTOH(慶應義塾大学 DMC研究センター プロジェクト)、大阪大学大学院 文学研究科 演劇学研究室
企画:Project Rebirth
協力: NPO法人舞踏創造資源、株式会社五藤光学研究所、株式会社IMAGICA
特別協力:株式会社みどり会
助成:独立行政法人日本万国博覧会記念機構

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です