西洋比較演劇研究会回覧:明日のシンポジウムについて

会員の八木雅子さんより明日開催される以下のシンポジウムについての回覧の依頼があ
りましたので、お知らせします。
(今朝の時点でいただいていた情報なのですが、配信者の都合で夜間の配信になってし
まったことをお詫びいたします。)
直前の告知で申し訳ありません。
明日(16日)、日仏演劇協会では、シンポジウム「ドイツ語圏/フランス語圏の今日の
演劇」
を下記の通り開催いたします。
ゲストスピーカーとして現代ドイツ語圏演劇の研究者三名をお迎えし、 フランスから
はなかなか掴みきれないドイツ語圏の演劇の現在をそれぞれに語っていただきます。
フランス語圏の演劇との対比の中で、両言語圏の今日の演劇状況を明らかにしていけれ
ばと考えています。
どなたでも参加できます(入場無料)ので、ふるってご参加ください。
日 時: 2007年6月16日(土)17時〜19時
場 所: 早稲田大学 西早稲田キャンパス 14号館801会議室
 (東西線早稲田駅徒歩5分 都電荒川線) 
    [地図]http://www.waseda.jp/jp/campus/nishiwaseda.html
スピーカー :谷川道子(東京外国語大学)
       新野守広(立教大学)
       平田栄一朗(慶応大学)  
       佐伯隆幸(学習院大学)
モデレーター:佐藤康(学習院大学非常勤講師・ドラマトゥルグ)
問合せ先: office@sfjt.sakura.ne.jp
HP:http://www.sfjth.jpn.org/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です