西洋比較演劇研究会回覧

会員の高橋慎也さんより以下の情報の回覧依頼がありましたので、お知らせします。

(以下貼り付け)
西洋比較演劇研究会の皆様へ

中央大学のドイツ演劇セミナーのお知らせ

ミュンヘン大学演劇学研究所のハンス=ペーター・バイヤーデルファー教授による講演会とセミナーを開催します。11月19日(土)15時からは明治大学リバティータワー1064教室において、現代ドイツ戯曲に関するセミナーも開催いたします。通訳付きです。講演日程・内容は下記のホームページをご覧ください。

http://www.chuo-u.ac.jp/chuo-u/news/contents_j.html?suffix=i&mode=dpttop&topic
s=15089

今回の来日講演ではドイツ演劇におけるユダヤ人の表象について、『ベニスの商人』のシャイロック像の変遷、ユダヤ系ハンガリー人の劇作家・演出家ジョージ・タボーリの戯曲『わが闘争』と『ゴールドベルク変奏曲』におけるユダヤ性についてお話していただく予定です。また「ポストドラマ演劇」という演劇概念を批判的に検証しながら、現
代ドイツ演劇における戯曲の復権について、現代ドイツの代表的劇作家であるデア・ローア―とローラント・シンメルプフェニッヒの代表作を例として解説します。

バイヤーデルファー教授の紹介:
1938年生まれ。アーヘン大学のドイツ文学教授を経て、1986年からミュンヘン大学の演劇学教授。専門分野はドイツの近現代演劇、演劇理論。ドイツ演劇における「異質なもの」の表象に関する研究で著名。特にドイツ演劇におけるユダヤ人の表象に関する研究で有名。日本のドイツ演劇研究者との共同研究も20年以上続けており、「笑い」に関する日独演劇比較研究に関する著作を共同執筆。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です