工学院大学オープンカレッジ講座(7月期)「『夕鶴』の舞台を読み解く」(講師・佐野語郎)

会員の佐野語郎さんより、以下の講座の回覧依頼がありましたので、お知らせします。

(以下本文)
会員の皆様へ

会員の佐野語郎です。
工学院大学オープンカレッジ講座のご案内をいたします。
講座名は「『夕鶴』の舞台を読み解く」です。

私は、2001年から2009年まで、慶應義塾大学(三田)で「映画演劇論」を担当いたしましたが、そのカリキュラムの中で特に力を入れたのが、木下順二作・山本安英主演の『夕鶴』でした。1965年頃〜、お二人は本郷のYMCAを会場にして「ことばの勉強会」を主宰されていました。学生の私は何回か通い、お話に耳を傾けたものです。また当時未来社から出版されていた演出家・岡倉士朗氏の演出論集を買い求めたりもしました。今回、講座を担当するにあたり、上演映像記録とテキストによって、場面ごとに舞台の魅力を読み解きます。

7/13 舞台空間の魅力/「夕鶴」導入部
7/27 照明と音楽の詩情/展開上昇部
8/24 演出家と俳優たち/転回部AとB
9/14 各界からの評価/下降終結部
9/28 オペラ「夕鶴」と海外公演

このご案内が学生諸君へのご紹介にも結びつきましたら、大変有難いです。1回につき学生は500円、一般は2000円です。
 
工学院大学オープンカレッジ講座(7月期)
「『夕鶴』の舞台を読み解く」
講師:佐野語郎
日時:7月13日・27、8月24日、9月14日・28日(計5回)各土曜日15:00〜16:30
場所:工学院大学新宿キャンパス・中層棟4階(新宿駅西口より5分)
※詳細・申込みは、ホームページをご覧ください。

以上、よろしくお願いいたします。(佐野語郎)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です