回覧:文学座公演について

会員の佐野語郎さんより、以下の公演案内の回覧以来がありましたのでお知らせします。
(以下貼り付け)
西洋比較演劇研究会の皆様へ
会員の佐野語郎です。
長年交流のある文学座企画事業部から、「文学座アトリエの会公演」への<西洋比較演
劇研究会会員・特別優待>の申し出がありました。
ぜひご観劇くださるようお願い申し上げます。
文学座からのご案内を「添付」をしましたので、ご参照ください。
ケータイ受信の方には、少し長くなりますが、以下、貼り付けました。
—————————————————————-
日本演劇学会
西洋比較演劇研究会会員の皆様へ
文学座4月アトリエの会
『 ダウトDOUBT-疑いをめぐる寓話- 』
作/ジョン・パトリック・シャンリィ 訳/鈴木小百合 井澤眞知子
 演出/望月 純吉
文学座では2008年アトリエの会として4月『ダウト』(作/ジョン・パトリック
・シャンリィ 演出/望月純吉)9月『ミセス・サヴェッジ』(作/ジョン・パトリッ
ク 演出/上村聡史)12月『日陰者に照る月』(作/ユージン・オニール 演出/西川信廣)という3本のアメリカ近現代の戯曲を上演することになりました。これら3本はアトリエに隣接する稽古場の建て替えに伴い、武蔵野文化事業団との共催により吉祥寺シアターにて上演いたします。
その第一弾として4月12日(土)~22日(火)まで『ダウトDOUBT-疑いをめぐる寓話-』を上演いたします。この作品はニューヨークのマンハッタン・シアター・クラブで2004年秋に初演されて評判になり、ブロードウェイのウォルター・カー劇場に移ってロングラン、その後2005年トニー賞最優秀作品賞とピュリッツァー賞をW受賞、作家自らの脚本・監督によりメリル・ストリープ主演での映画化も決定した話題作の日本初演となります。ジョン・パトリック・シャンリィ脚本による『月の輝く夜に』はアカデミー賞脚本賞を受賞しています。
そこで日本演劇学会西洋比較演劇研究会会員の皆様に、文学座アトリエの会での『ダウトDOUBT-疑いをめぐる寓話-』を始めとするアメリカ演劇3作品上演をご覧いただきたくご案内申し上げます。
公演情報につきましてはhttp://www.bungakuza.comをご覧下さい。
そして西洋比較演劇研究会の皆さまには前売り4,000円 のところ3,800円とさせていただきます。
【 お申し込み方法 】
フリーダイヤル 0120-481034(シバイヲミヨー)(10:00~17:30/日・祝日
を除く)(お申し込みの際、「日本演劇学会西洋比較演劇研究会会員」である旨、お申
し出ください。 )
文学座  企画事業部
〒160-0016 東京都新宿区信濃町10 
TEL03-3351-7265 FAX03-3353-3567伊藤正道、最首志麻子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です