西洋比較演劇研究会9月例会のお知らせ

日本演劇学会分科会西洋比較演劇研究会
2008年度9月例会のご案内
夏の過酷な季節も一段落しつつあります。9月早々に興味深い研究がそろいました。ぜ
ひ振るってご参加ください。
日時 9月13日(土)  午後2時〜6時
会場 成城大学 教室は追ってご連絡します
1 研究発表 小菅隼人 「舞踏研究の方法と公開について―(FIRT)ソウルでの発
表を踏まえて」
要旨
 発表者がリーダーをしている研究プロジェクト「ポートフォリオBUTOH」で作成し
た 25分ほどのDVDを交えつつ,7月の国際演劇学会での発表(“The Creation and
Transmission of the Indigenous Body Movements in Hijikata’s Dance of
Darkness”)と現在の舞踏研究の状況について報告します.この研究プロジェクトで
は,慶應義塾大学アートセンターに設置された土方アーカイブを参照しつつ,舞踏家
の実演,ワークショップのもとで,動きの再現を記録し,身体表現のセマンティック
ス,コンテクスト,分析メソッドを研究しています.すなわち(1)画像をジェネ
ティック・アーカイブ・エンジンで再編集,収蔵,メタデータの蓄積と分析を行い,
(2)身体知や身体コミュニュケーションの解明システムとして展開させ,(3)研
究成果をもとにした新しい形での成果発表と蓄積を目指しています.
また,併せて,8月31日〜9月3日に行われる予定の,「土の土方」の記録映像を紹介
したいと思います.土着の民俗と死生観に強い影響を受けていた土方は,晩年,芸術
思想として「衰弱体」を提起しました.この企画では,〈衰弱=死〉に至る命の実感
プログラムとして,慶應義塾大学鶴岡タウンキャンパスに設置した土と泥で造られた
土方巽像の上に,土像がすっかり崩れるまで,3日〜5日にわたって,昼夜一定間隔で
水滴を落とし続けます.生命を死と重ね合わせて見ようとする土方の芸術観を,創造
的な形で体感しようとする実験です.このプログラムでは,土の像が崩れてゆく全過
程を,超高精彩映像で撮影し,東京にリアル・タイムで送信し,併せて,ネットでも
配信する予定です.この特別プログラムは,演劇人としての土方巽の思想を創造的な
形で再現し,日本人の死生観を探り,現代に生きることの意味を世界に発信しようと
する教育・研究上の試みです.
〔発表者プロフィール〕 
小菅隼人(こすげはやと),慶應義塾大学理工学部教授.シェイクスピアを中心とす
るイギリス・ルネサンス演劇,土方巽を中心とする舞踏論などを中心に研究を進めて
いる.業績:『ハムレット』の翻訳・解説〔『ベスト・プレイズ』(白凰社,2000
年)〕,『腐敗と再生―身体医文化論』(編著,慶應義塾大学出版会,2004)ほ
か.文部科学省委託事業,慶應義塾大学デジタル・メディア・コンテンツ統合研究機
構(DMC)「ポート・フォリオBUTOH」プロジェクト・リーダー.
2 研究発表 武田清 「メイエルホリドの舞台を観た日本人たち」
要旨
 1927(昭和2)年11月、ロシア十月革命十周年記念式典に4人の日本人が国賓とし
て、全ロシア対外文化協会(ヴォクス)の招きを受けて訪ソした。尾瀬敬止(美
術)、米川正夫(文学)、小山内薫(演劇)、秋田雨雀(エスペラント)の4人であ
る。この記念式典を境にして、外国人に固く閉じられてきたソ連の門扉が緩くなり、
少数ながら日本人たちがソ連を訪れてメイエルホリド劇場の舞台を観ている。湯浅芳
子、中条(宮本)百合子、野崎韶夫等である。
 小山内薫は出発前「あるだけの把握力を尽して、出来るだけのものを掴んで来た
い」と語った割には、帰国後、メイエルホリドの演劇に冷淡になり、詳しい観劇のレ
ポートも残さずに翌年末に急逝した。この事情は大の演劇好きであった米川正夫も同
じで、彼等はメイエルホリド劇場の舞台について「みだりに余人の真似すべからざ
る」ものである、と書き記しただけであった。彼等は一体、メイエルホリドの舞台に
何を観、何を受け取ったのであったのか。今に残る断片的な当時の映像を観ながら、
この問題を再度検討してみたい。
〔プロフィール〕
武田 清(たけだ・きよし)明治大学大学院卒。現在明治大学文学部教授。日本とロ
シアの近代演劇比較研究および近代ロシアの演出家メイエルホリド、エヴレイノフの
仕事をテーマに研究している。主要論文に、「ロシア・キャバレー演劇の研究1908−
1924」、「築地小劇場のエヴレイノフ」、「大正期のメイエルホリド研究(序)」、
「新劇とロシア演劇―オリヴァー・セイラーのこと―」など。
※会費納入にご協力ください。
西洋比較演劇研究会
157-8511東京都世田谷区成城6-1-20
成城大学文芸学部 一之瀬研究室 Fax:03-3482-7740
郵便振替口座番号:00150−2−96887
*過去ログを以下に掲載しております。ご参照ください。
http://comptheat.sakura.ne.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です