西洋比較演劇研究会例会関連回覧

新年度の西洋比較演劇研究会4月例会(総会後の研究会 4月10日(土)2時総会 
3時例会 成城大学 ※詳細は追って通知します)につきまして、担当の毛利三彌先生
より、以下の回覧依頼がありましたのでお知らせします。
(以下貼り付け)
昨年からつづいて、この2月3月も、なぜか東京でイプセン上演が多いので、4月は、
総会後の例会で、それらの舞台について論じることになりました。
わたし(毛利)と、できれば現場の人を交えて話をし、議論したいと思いますが、例
会出席者全員が、すべての舞台をみているとはかぎらないので、なるべく、個々の舞
台評ではなく、イプセンその他近代古典劇といわれる作品の現代上演、あるいは外国
劇の日本上演といった広い問題領域で討論が深まるようにしたいと思っています。
しかし、そうはいっても、具体的な舞台を例にあげて話すことの方がいいでしょうか
ら、なるべく多くの方が、同一舞台を見ていることが望ましいと思います。
したがって、以下に、この2月3月に行われるイプセン公演を列挙しておきます。
公演によっては、われわれのために料金を割り引いてくれるよう交渉しましたので、
大いに活用していただくよう希望します。(毛利三彌)
(1)劇団キンダースペース第31回公演 シアターX提携
イプセンの世界 代表作2本交互上演『ロスメルスホルム』『幽霊』
構成・演出 原田一樹
2010年2月17日(水)−21日(日)シアターX
『ロス』17日7時、19日3時、20日7時、21日1時。
『幽霊』18日7時、19日7時、20日3時、21日5時。
この公演は、メールあるいは電話で、劇団に「西洋比較演劇研究会会員」として申し
込むと、学生扱いの2000円になります。通常料金は4500円(前売り4000
円)です。
劇団のE-mail: post@kinder-space.com Tel: 048-252-0551
なお、西洋比較の会員でなくても、そのように名のってくれれば、同じく2000円
にしてくれるとのことです。、
(2)『ジョン・ガブリエルと呼ばれた男』
原作イプセン 上演台本 笹部博司  演出 栗山民也  仲代達矢その他出演
2010年2月12日(金)−21日(日)世田谷パブリックシアター
     3月18日(木)−20日(土)東京芸術劇場中ホール
1時開演。2月12,18日、3月18日のみ7時開演。
S席7800円 A席6000円
(3)SPAC公演 『ペール・ギュント』静岡芸術劇場 演出 宮城聰 
2010年3月6,7,13,14,20,21日(それぞれ土日)15:30開演
一般4000円 同伴(2名)7000円 大学生2000円
SPACチケットセンター:054-202-3399
交渉の結果、西洋比較の会員を学生扱いにしてもらえるようなら、改めてその旨を回
覧します。
以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です